メタデータ

以下のリソースは、作成時にメタデータを持たせることができ、また既存リソースのメタデータを更新することもできます。

このメタデータはフラットなJSONとして保存されます。このJSONの値の有効な型は、配列、文字列、数値、null のいずれかです。メタデータは、と加盟店のシステム上のレコード(顧客や顧客による注文データ等)とを関連付けるために使用することを推奨します。

有効なメタデータは以下のようになります。

{
  // Other request parameters
  "metadata": {
    "customer_id": 12345,
    "shipping_details": "Customer wants it now"
  }
}