リンクフォームの概要

リンクフォームは、顧客がその場での課金や次回以降の課金のためにクレジットカード情報を登録できる決済フォームです。このフォームは当社のサーバーでホストされるため、Webサイトを持たなくても利用することが可能です。


また、リンクフォームでは管理画面を通じて、都度課金、定期課金、カード登録など特定の支払に関する項目を設定し、作成したフォームを顧客と共有するためのリンクを作成することができます。このリンクは、メールでの送信やソーシャルメディアでの共有が可能です。発行されるQRコードをダウンロードしてチラシに印刷することもできます。


Webサイトをお持ちの場合は、メールリンクのフォームを直接呼び出し、顧客がWebサイトで選択する内容に応じてパラメータを動的に更新することもできます。

ECフォームの利用方法は2つあります。

  • 特定の支払に関する項目を設定し、そのフォームのリンクを顧客と共有する。
  • 事業者さまのWebサイトから直接フォームを呼び出し、決済の詳細を動的に設定する。

リンクフォームの動き

エンドユーザーがリンクフォームを開くと、支払情報を入力するUnivaPayの決済フォームがブラウザ上に立ち上がります。情報入力後にフォームを送信すると、UnivaPayのサーバーで必要なリソースが作成されます。

ロゴ

リンクフォームの上部に表示されるロゴは、店舗の設定でロゴ画像を指定している場合、そちらが表示されます(ウィジェットと共通)。指定がない場合は、アカウントの設定で指定されている画像が使用されます。いずれのロゴもない場合は、デフォルトのロゴが表示されます。